内面を磨くことの意義の高さ

IT企業をはじめさまざまな企業で尊敬に値する方と共に仕事をすることがあるでしょう。その方の人柄に多大な人間力を感じることが多々あると思い、その方の器の大きさを肌身に感じることが考えられるのです。

人柄が良いと周りの人達が増えていき、その人が醸し出す雰囲気の良さが内面的な魅力を引き立たせていくことが考えられるのです。人柄が良いことで、人生が100倍得した気分になる方がいると思うのです。人柄の良さが多くの人達の好感を得ることにつながっていき、ともすればその人柄が磁石のように人を引き寄せていくことが考えられるのです。大多数の人が愛してやまない素晴らしい人になるために、日頃から人柄を磨くことを習慣にしている方がいても不思議ではないと思うのです。

「質の高いITの仕事を展開するには、何と言っても人間性を良くすることが先決だ」とおっしゃる方がいると思うのです。周りの人達から親しみの持てる人だと意識してもらうことで、協調性を引き出させていくのではないでしょうか。人間性を良くすることで、その人を見た方が「なんて性格が良い人なんだろう。この人と居ると心が落ち着いてくるよ。この人とだったら気持ち良く仕事ができるようになるはずだ」と思うかもしれません。

人を敬うときに、その対象となっている方の人間性が優れていることが往々にして考えられるのです。人柄の良さが人とのつながりの理想形を表しているように感じるのです。
そして、人柄こそが社会への繋がりを濃く、充実できるものへと変化するのです。

先日見つけた「フリーランスエンジニア成功への道」を見てみたところ、どのポイントが成功の秘訣であり自分を磨くことができるのかを知るきっかけとなった。

参考資料としてこの場に提供しておきます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です